減塩食を毎日届けてくれるショップの比較

家族に病人がいた場合の食事の献立の違い

家族に食事制限があった場合は負担も大きい

しかも家族の中に病人や食事制限を行なわなくてはいけない人がいる場合はさらに食事を作る人の負担が大きくなります。
特に高血圧や心臓疾患を抱えている人の場合、塩分の過剰摂取は大変なことになってしまうので、十分な注意を払って料理する必要があります。
塩分は一日の総摂取量が6.0g未満で無ければいけないとされ、薄味に調理することが義務付けられます。
さらに野菜を一日350g以上摂取することも義務としてあり、相当な野菜を一日に摂取することが要求されます。
そして大きいのは水分摂取量も制限がかかります。
水分は人間の体の七割は水分であるのにもかかわらず心臓疾患になると水分の取りすぎが病気を悪化させることになるのです。

別メニューで献立を考えないと大変

こういった大きな食事制限により当然家族とは別メニューで献立を考えなくてはならないので、料理を作る人の負担は相当大きいものになります。
材料の仕入れから種類が異なり、調味料は逆に減らすので関連は直接無いですが、制限がかかるために計量が必要になってくるのでより面倒になります。
何より別メニューで通常の食事とは別の料理をわざわざ作らないといけないという負担がさらに作業を面倒で難しいものにします。
こうなってくるともはや主婦一人の力だけではカバーすることが難しくなるので家族全体のフォローがどうしても必要になってきます。
他の家事を誰かが代替わりすることや食事の当番を交代制にすることなどで主婦への家事の負担は相当軽くなる事でしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る